令和納豆 説明動画を投稿するも速攻でTwitterにて嘘をバラされてしまう

令和納豆

昨年の11月、令和納豆店内でクラウドファンディングのリターンである納豆ご飯一生涯無料パスポート所有者とのやり取りがYoutubeに投稿された。

その対応があまりにも横暴だったため、令和納豆は炎上し、その炎上はいまだに収まらない。

令和納豆のクラウドファンディング支援者への対応

令和納豆の宮下社長はこの炎上を収めるために、この動画に対する説明動画を投稿した。

しかし、その説明動画はあまりにも自分勝手で、証拠がないことをいいことに言いたい放題。

自分たちに非はないと言わんばかりの説明動画だったため、炎上は収まるどころか更に燃え上がってしまった。

詳細はこちら

  

 

この動画での令和納豆側の言い分は

 

  • 注文するメニューを予約したにも関わらず、そのメニューを注文しなかった
  • さらに「どうせお前らは金を払って欲しいだけだろ」「安いもんでも食えば満足だろ」と発言
  • 何度もクラウドファンディングの仕組みについてご説明をしたが、理解を得られなかった
  • 後ろで動画が隠し撮りされていることは知っていた

 

しかしこの説明動画を見た「令和納豆のクラウドファンディング支援者への対応」の投稿者がTwitterにてコメント。 

tweetした77動画投影者様が言うには

  • 予約などのやり取りはなかった
  • 攻撃的な発言などなかった
  • 令和納豆側のクラウドファンディングの間違った考え方が問題
  • 撮影には絶対に気づいていない
  • もし撮影に気づいていたら、動画外で談笑したのはおかしい
  • 投稿した動画の20分で当日の流れはわかるはず、悪意のある切り取り動画ではない
  • 間違った動画というなら動画や音声で証拠を出せばよいのでは?

 

令和納豆が言う、事前予約や攻撃的な発言を真っ向から否定。

撮影に関しても、令和納豆は「客観的に見たかった」などと強がっているが、このtweetを見る限りでは絶対に気づいていないだろう。

どうしてすぐにバレる嘘をついてしまうのか、この炎上騒動はまだまだ終わりそうにない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました