1度は中止となった「ノーマスクピクニック」GW中に開催されていた模様

マスク拒否

4月の半ばGWに全国各地の公園でマスクをしないでピクニックをしようという呼びかけがネットであり、物議を醸していた。

しかしあまりの批判の多さに主催者は中止することを決定。しかし実際はGW中に開催されていたことが判明した。

この「ノーマスクピクニック」に参加した男性が言うには「当初の主催者とは別の人が改めて企画したんです。私は普段からマスクを強要する社会の圧力に疑問を感じていました。それで参加することにしたのです。」と答えており、全国各地で企画されたという。

 

  • 4月に1度は中止となった「ノーマスクピクニック」が予定通りGWに開催されていた
  • 別の主催者が改めて企画してノーマスクピクニックを実行した

  

ある公園では10人ほどの男女がアルコールを伴う飲食を行い、参加した男性は「政治的な思想を強要されるのかなと思っていたけど、そんなことはありませんでした。実に普通のピクニックをやって解散しましたね。楽しかったですよ」と答えている。

他にも神奈川県の江ノ島や東京都の高尾山に集まったり、河川敷でのバーベキューを行った人も多かったという。もちろん「ノーマスク」でだ。

中には

「正直、なぜノーマスクピクニックだけがあんなに批判されたんだろうかと思います。結局、みんなメチャクチャ出歩いているじゃないですか(笑)。これじゃノーマスクピクニックをしようがしまいが関係ないですよ」

との声も。

これに対してネットの声は

マスクは人に感染させない為にするだけです。感染しないなんて思ってません。こういう方達はマスクしてる人に近付かないでほしいし、感染しても病院に行かないでほしいですね。

批判されているのはノーマスクピクニックではありません。そのような<自分さえ良ければ>という考え方が批判されているんじゃないでしょうか。

マスクが嫌でノーマスクピクニックをやっても良いけど、感染しても病院のお世話にならず、また、無症状で他人に移すことがないことを誓約してください。

ノーマスクピクニックが批判されているのではなく、参加者を募ってるのが批判されるのでは?やりたければ家族とか身内でやれば良い。なぜ参加者を募る必要がある?

 

などと当然ながら批判が相次いでいる。

自分たちが良ければそれで良いというのであれば、勝手にすれば良いだろう。

しかしマスクをしないことで感染率が上がり、自分とは関係ない人たちを巻き込んでしまう危険性があることを理解してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました