【ブログ運営報告】ブログ初心者1か月目のPV数・収益・投稿数 結果発表

f:id:surface-go:20201227001417j:plain



 

ブログ開設から本日で1か月が経過したので、PVアクセス数収益などを公開して見ていきたい。

自分と同じ初心者ブロガーの方や、これからブログを始める方、あるいはこれからブログを始めようと思っている方の参考になれば良いと思っている。

 

この記事がおすすめな方

  1. 初心者ブロガー
  2. これからブログを始める方
  3. これからブログを始めようと思っている方

 

ブログの内容はその日に起こった出来事や気になった出来事を書く雑記となっている。

 

はてなブログの無料版を使用。

 

グーグルアナリティクスではなくはてなブログアクセス解析を利用。

 

内容(もくじ)

  

アクセス数≠PV数

f:id:surface-go:20201214205728p:plain

 

ブログ開設1か月目のアクセス数は511

1日平均アクセス数=17

 

正直多いのか少ないのかわからないが、おそらくかなり少ない部類に入るだろう。

TwitterなどのSNSを利用すればアクセス数PVは伸びると話には聞いていたが、今のところ全くSNSは利用していないので、やはり使えるものは使った方が良い。影響力のある人からの紹介があれば一気にPVの増加を見込めるからだ。

 

投稿数

ブログ1か月目で投稿した記事数は30

 1日平均投稿数=1

 

ブログを始めたのは2020年11月15日からで、投稿できなかった日もあるが、この1か月はほぼ毎日ブログを書いていたと思う。

新型コロナウィルスの感染リスクを抑えるために引きこもっていたので、かなりの数を投稿することが出来た。しかしまだ1か月目とはいえブログを始めたての頃の記事を読むともうちょっと工夫できるのでは?などと思ってしまう。

内容のある記事にするためにもリライトは必要なのかもしれない。

 

収益

ブログ1か月目で得られた収益は0円

 

残念ながらブログ1か月で得られた収益は無し。現実味のある結果となったが、現段階でグーグルアドセンスAmazonアソシエイトなどの申請を行っていない。条件のない楽天の商品紹介を張り付けることもあるが、どちらかというと書いてる記事の補足として商品の写真があった方が良いので利用している。

今はとにかく記事を書いてグーグルの評価を高め、その後収益化出来れば良いと考えてはいるが、現状かなり先になるだろう。

 

ブログへの流入元

f:id:surface-go:20201214205842p:plain

アクセス元サイト上位

流入元の30%以上がはてな関連

 

これを見ると本当にはてなブログで初めて良かったと思う。

はてなブログには同じ趣味などを持つグループに所属したり、はてなブログを利用している人同士で読者になることができ、そこから自分のブログへ来て頂くことが出来る。

自分の場合、1か月で読者は4人しかいないが、ブログを続けるモチベーションになっているので、読者になっていただいた方々には本当に感謝している。

 

ブログ開設1か月目の総評

・初心者がガムシャラに始めただけあってPVは少なく、収益は0。

・ほぼ毎日記事を投稿できたのは、見てくれている人のおかげ。

・今後も記事を投稿することを継続して記事のクオリティを上げていきたい。

 

今後初心者ブロガーがやるべきこと

・アクセス解析の精度を上げるためにも、グーグルアナリティクスを導入する。

 

これはよく言われていることだが、はてなブログのアクセス解析グーグルアナリティクスではアクセス数に誤差が出る。

グーグルアナリティクスの方が正確なため、正しいデータを報告するためにも導入したいところだ。

 

・SNSの利用

 

TwitterなどのSNSを利用することでPV数を稼ぐことが出来る。

それほどSNSの拡散能力は優れている。それだけでなくブログのネタになるような事柄やニュースが盛沢山なため、可能であれば活用した方が良い。

 

・記事を見直してリライトする

 

1か月継続して記事を投稿することが出来たのなら、ブログ開設当初の記事を読み返すと、もっとうまく記事をまとめあげることが出来るはずだ。記事どんどん投稿するのも大事だが、投稿した記事をリライトするのも重要だ。

 

・続けること

 

結局これに尽きる。継続は力なりとはよく言ったもので、ブログも真面目に続ければ続けるほどPVは増えていく。世の中にはブログ開設数か月で数万PVを達成した人ブログの収益で何百万を稼ぐ人がいるが、それはごく一部の天才であって、ほとんどの人がそうではない。とにかくひたすら続けることが最も重要なことなのだと思う。